女性

うつ病になったら早めに対策を考える|治療して気分爽快の生活を送る

適切な情報を集めよう

看護師

情報収集の方法

うつ病というと、心の病気という考えが一般的でしたが、最近では脳の病気であると考えられるようになりました。うつ病はその症状が非常に多岐にわたることから、他の病気と間違われる可能性もあります。病気によって治療法も異なりますので、しっかりと病気を理解することはもちろん、検査を受けるということも大切になります。現代では情報収集の方法として、インターネットを利用するということが一般的になってきています。インターネットを利用することで多くの情報収集が出来ますが、治療方法や症状に対して誤った認識などがあたかも真実であるかのように語られている場合もあります。多くの情報を集めるということは非常に大切ですが、医師の指示に従い、適切な治療を受けるということがうつ病の症状を改善させるためには大切になります。様々な情報に振り回される事無く、信頼することが出来る医療機関を見付ける、医師の指示に従うということがもとの生活に戻るための近道であると考えるようにしましょう。

症状は繰り返す

うつ病の治療の一環として、カウンセリングが行われる場合があります。カウンセリングは多くの場合は医師ではなく、カウンセラーが行います。カウンセラーは現在持つ悩みや不安感などの症状を緩和させる効果を期待することは出来ます。しかし、医師による治療ではありませんので、薬物療法などをすることは出来ません。うつ病の治療では、薬物療法をカウンセリングなどの精神療法を並行して行うことが重要です。どちらか一方だけでは十分な治療効果を得ることが出来ない可能性があるので、注意が必要です。また、うつ病の一つの特徴として症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すという点があります。症状が良くなったからと感じても、その場ですぐに治療を中止してしまうと、以前にも増して症状が悪化してしまう可能性があるので、注意が必要です。内服薬を使用している場合は特に、長期的な計画で処方されていることが多いため、減薬をする場合でも医師の指示を仰ぐようにしましょう。なお、内服薬の処方に疑問や不安がある場合には相談する、セカンドオピニオンを受けるなどの対策が必要でしょう。