女性

うつ病になったら早めに対策を考える|治療して気分爽快の生活を送る

担当医選びが重要

女医

人気のところを探そう

うつ病の治療は、精神科や心療内科で行ないます。最近は社会的ストレスによって、うつ病を発症する人が増えてきていると言われています。それにともない、精神科も心療内科も増えてきています。選び放題と言えますが、その中から患者にピッタリ合う医師を探すのは難しいこともあります。例えば、患者自身が診療を受けないと拒んでしまう可能性があるからです。そこで、身近な人は患者が自ら受診したいと思えるように、いろいろと情報を与えることをお勧めします。治療の実績情報を収集したり、環境のいいところを教えてあげたりするのが大事です。今はインターネットでホームページを見られるようになっているので、受診前に情報を収集できます。清潔でアットホームな雰囲気の精神科や心療内科が人気です。その方が患者もリラックスできやすいからです。また、口コミなども参考にします。評判のいいところなら、安心して受診できるはずです。人気のある精神科や心療内科は、ネットの口コミで広まっています。

相性の合う医師を見つける

うつ病の治療は時間がかかる場合があります。また、信頼できる担当医ではないと、受診をやめてしまう患者も多く、この点がネックです。信頼関係を築くのが重要となってきます。そのためには、まず、相性の合う医師を見つけられるかがポイントです。最初に受診した精神科や心療内科で運良く相性のいい人に出会えるとは限りません。少しでも患者が不信感を抱いたり、リラックスできなかったりするようであれば、別の医師も考えてみましょう。カウンセリングを行なえば、合うか合わないかは、ある程度、感じ取ることができるはずです。また、うつ病患者は自分のことで精一杯で、治療を意識できない場合もあります。そんな時のためにも、間をとりもつ仲介役が必要です。つまり、最初の頃は信頼できる付添人が必要と言えます。通常、両親や兄弟などが付き添いますが、身内よりも友人の方が気楽な人は、友人や知人に付き添ってもらうといいかもしれません。いずれにしても、リラックスして医療機関を受診できるかが重要となります。